• わきがで困ったら見るページ
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A

わきがで困ったら見るページ

2012-7-10UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

知らないと損する!5分でわかる、食生活でワキガ対策まとめ

ワキガ対策の1つとして、食事改善があります。その方法は、穀物・野菜・魚中心の食生活を行うことです。 日本人は、欧米人に比べてワキガが少ないといわれていますが、その要因は食生活にあります。 その違いを学ぶことで、ワキガ改善の第一歩となります。

11280

食生活改善で、ワキガを楽にしよう

ワキガに悩む人の中に、肉料理、または、肉類や乳製品が中心の「洋食が好き」という方、おられるのではないでしょうか。

ワキガの原因の1つとして、肉類や乳製品中心の食生活があると、言われています。
その食生活を改善するだけで、ワキガの影響を少なくすることができます。
それは、肉類・乳製品中心の食生活から、穀物・野菜・魚中心の食生活に改善することです。

ワキガの原因と対策

動物性の脂肪やタンパク質が原因

肉類や乳製品は、ワキガや多汗症を助長する食品の1つと言われています。
これら肉類や乳製品の中には、動物性の脂肪やタンパク質が、多く含まれています。

そもそも、ワキガの理由は、人間には「アポクリン腺」という汗腺が存在し、そこから分泌された汗が、皮膚上に存在する常在菌によって分解されることにより、臭いが発生します。

食生活とアポクリン腺というのは、密接な関係にあり、前述の動物性タンパク質や脂質が、そのアポクリン腺を刺激することにより、活動が活発化し、結果的に、きつい臭いを発生させてしまうのです。

穀物、野菜、魚で対策できる

一方で穀物や野菜、魚には、A・C・Eを初めとしたビタミンをはじめ、ポリフェノール、ベータカロチンといった成分が多く含まれ、ワキガの臭いを防ぐのに非常に有効と言われています。

ワキガに有効な成分

  • ビタミンA

    皮膚の新陳代謝を促進し、抵抗力を高め、脇などに存在する常在菌の繁殖を防ぎます。

  • ビタミンC・E、ポリフェノール、ベータカロチン

    抗酸化作用があり、においの原因である過酸化脂質を防ぐ効果があります。

すなわち、これらの成分が多く含まれる穀物、野菜、魚料理を食べることで、ワキガの臭いを防止することができるのです。

これら有効成分を多く含む食品

  • ビタミンA

    ニンジン、ほうれん草、小松菜、うなぎ、レバー(鶏、豚、牛)など

  • ビタミンC

    ピーマン類、芋類、柿、イチゴ、レモンなど

  • ビタミンE

    モロヘイヤ、カボチャ、卵黄、うなぎ、アーモンドなど

  • ベータカロチン(カロテン)

    しそ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、にらなど

  • ポリフェノール

    春菊、れんこん、バナナ、大豆、赤ワインなど

ワキガ増加は、食生活の変化が要因

日本人は元来、ワキガが少ない人種とされてきました。
ワキガである人の割合は、日本人は約1割、欧米人は約8割と言われています。

その要因となっているのは、日本人と欧米人の食文化にあります。

近年、ワキガに悩む人が増えた原因の1つとして、食の欧米化が進み、「洋食」を食べる機会が多くなったからと言われます。

欧米型の食事である「洋食」は、肉類や乳製品が中心です。
肉類には動物性タンパク質や脂肪が多く含まれているため、欧米型の食生活ですと、これらを過剰に摂取してしまう人が増えてしまいます。
そのため、体質がワキガになりやすいと言われる、欧米人の体質が出来上がっていったのです。

一方、日本型の食事である「和食」は、穀物、野菜、魚中心の料理です。
穀物や野菜、魚には、ワキガを抑える成分が多く含まれています。
つまり、「洋食」が入ってくる前の日本では、普通に食事しているだけで、自然とワキガ予防を行っていたのです。

このように「ワキガと食生活は密接な関係にある」と言うことが、わかるのではないでしょうか。

身近なところから少しずつ改善を

いかがでしたでしょうか、食生活の改善がワキガ対策になると言うのを、理解していただけましたか?
これから食生活を改善する場合、これらのポイントに気をつけましょう。

ポイント

  • 高タンパク、高脂肪食品の摂取を抑える
  • 動物性脂肪の食品を避け、植物性脂肪の食品を選ぶ
  • ビタミンなどを多く含む食品を選ぶ(緑黄色野菜など)
  • バランスの取れた食事を心がける
  • 不規則な食生活をしない
  • 洋食でも原因となる成分を避けれるのであれば、摂っても問題ない
  • 上に同じく、和食でも原因となる成分が多く含まれているなら、避けるべき

食生活を改善しても、便秘の完全な治療とはなりません。
しかし、身近な改善点を1つずつ潰していくことが、ワキガ対策の第一歩です。
皆さんも是非、穀物・野菜・魚中心の食生活に変えてみませんか?

この記事に類似した記事
  • 関連記事はありません。
  • ワキガ要因は食生活も!?

    ワキガ要因は食生活も!?

    ワキガの原因となるアポクリン腺という汗腺は食生活の影響を大きく受ける。洋食のように肉や乳製品が中心だとアポクリン腺が活発に!

  • 和食はワキガを抑えてくれる

    和食はワキガを抑えてくれる

    日本人が昔から食べてきた穀物や野菜、魚中心の食生活はワキガを抑える成分が豊富に含まれている。食の欧米化はワキガの要因。

  • 食生活改善でワキガ対策を

    食生活改善でワキガ対策を

    肉などの動物性食品中心の食生活から穀物や野菜中心のヘルシー料理に切り替えよう。和食へのシフトがワキガ対策の第一歩!

 
 
ランキング 新着記事 Q&A

@mnrchan

わきがで困ったら見るページのTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ