• わきがで困ったら見るページ
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A

わきがで困ったら見るページ

2011-12-7UPDATE

mnrchan

mnrchan

わきが手術

わきがに対する手術は、数少ないわきがの根治治療法であるといえます。汗を分泌する汗腺そのものを腋から取り除くことを目的として行われるため、匂いそのものが大幅に減少し汗を掻きにくくなるという利点があります。わきが治療として行なわれる手術の種類などを紹介していきます。

2920

わきが手術について

わきが手術は、汗を分泌する汗腺そのものを取り除くことでわきがを治す治療法です。わきがの原因となるアポクリン汗を分泌するアポクリン腺の除去だけではなく、普通の汗を分泌するエクリン腺も同時に除去するため、わきが手術を受けると腋に汗を掻きにくくなります。

わきが手術のメリット

わきが手術を受けるためには、幾つかのハードルがありますがそれを補って余りあるメリットがあるといえます。まず「腋の汗の量が減る」ということがいえます。汗は老廃物の排出や体温の調整に必要なものですが、腋の部分の汗腺が全てなくなっても発汗機能そのものは他の部位にある汗腺で補われるので問題はありません。

汗の量が減ることで「衣類の黄ばみが起こりにくくなる」というメリットもあります。ワキガの有無に関わらず、腋の汗が原因で起こる黄ばみなどの汗染みは、洗濯する際の悩みとなるのです。

わきが手術の注意点

わきが手術は全ての人に適用できる治療法というわけではありません。アポクリン腺の発達度合いを確認した上で手術するのが基本方針となっているからです。

アポクリン腺の確認は、「試験切開」と呼ばれる腋の皮膚の切開を伴う確認法が用いられます。
これは1~2ミリほど小さく皮膚を切開し、皮膚を裏返してアポクリン腺を目視するという方法です。
アポクリン腺の発達が見られない場合は手術が逆効果になってしまうことがあるので、慎重に行なう必要があるのです。

わきが手術の種類

ほとんどのわきが手術は、皮膚の切開を伴います。技術の進歩によって切開する幅は年々小さくなっているので、切開した跡は数日ほどで治るようになっています。

直視下剥離法

直視下剥離法は、3cmほど腋の皮膚を切開して裏返しアポクリン腺やエクリン腺を目視しながらハサミでジョギジョギと切除していく手術法です。確認しながら手術を進行するので血管やリンパ腺などの重要器官を傷つける心配がないのが利点です。

吸引法

吸引法は、数ミリ程度の小さな穴を開けて脂肪吸引に使用される吸引機を挿入して、アポクリン腺を吸引して除去する手術です。皮膚への負担が小さく手術痕への色素沈着が起こりにくいというメリットがあります。しかし、完全にアポクリン腺を除去できるわけではないのが難点といえます。

超音波法

超音波法は小さな穴を開けて超音波の発振器を挿入し、超音波を当ててアポクリン腺だけを破壊するという手術法です。超音波はアポクリン腺だけが壊れる周波数に合わせてあるので、皮膚などの組織に影響しないようになっています。
ただし、長時間超音波を当てると皮膚が水ぶくれを起こすことがあります。

マイクロレーザー法

マイクロレーザー法は、小さな穴を皮膚に開けてレーザー発振器を入れてアポクリン腺を焼くという手術法です。焼いたアポクリン腺は白血球によって自然に除去されます。手術時間が短く、身体への負担も小さいという利点がありますが、効果は高くないのが欠点です。

  • 超音波法

    直接臭いの元を破壊する超音波法

    臭いの元となるアポクリン腺を超音波で破壊する手術。アポクリン腺だけを破壊するので他の部分には影響がない。

  • 直視下剥離法

    直視下剥離法は安全なな手術

    医師が直接目視をしながらアポクリン腺を除去する手術。直接見ているためリンパ腺などに傷をつける心配が無い。

  • 吸引法

    吸引法は皮膚に負担が少ない手術

    吸引機を挿入してアポクリン腺を除去する方法。手術の際も手術痕は小さく、皮膚への負担が少ないのがメリット。

  • マイクロレーザー法

    短時間で手術できるマイクロレーザー法

    マイクロレーザーを患部に直接照射しアポクリン腺を焼く方法。手術時間が圧倒的に短く身体への負担も少ない。

 
 
ランキング 新着記事 Q&A

@mnrchan

わきがで困ったら見るページのTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ