• わきがで困ったら見るページ
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A

トピック

2011-12-7UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

サラサラ汗は臭くない!今日から『出せる』良い汗まとめ

「良い汗」と「悪い汗」って聞いたことありますよね。サラサラの良い汗は塩分濃度が低く、ベトベトの悪い汗は塩分濃度が高い状態です。どうして人によって良い汗、悪い汗と違いがあるのでしょうか?

9316

良い汗は臭いを減らせる

体温調整のために出る汗は、エクリン汗腺からでます。
汗は全てが水分ではなく、塩素の他に老廃物といえる尿素や乳酸も含まれています。
汗腺には排出される塩分を調整するために、汗から塩素を再吸収する仕組みがあります。

臭くなる原因

しかし、汗をかきなれていないと、汗腺の機能が低下してしまい、塩素の再吸収量も減ってしまい、汗に含まれる不純物が増え、ベトベトの汗になってしまうので。
汗に不純物が増えると行ことは、皮膚の常在菌の餌が増えるということですので、臭いが強くなってしまうのです。

汗腺トレーニングで「良い汗」を出す!?

暑い夏場でもあまり汗が出ない人っていますよね。女性ならメイク崩れが無くて良いかもしれませんけど、汗腺が弱っている証拠です。

人間は体温調整を全身にかく汗で行なっているので、体温調整が上手く行えない身体になっているともいえ、熱中症の危険性も高くなります。

今日からできる汗腺トレーニング

自宅でもできる、効率よく「良い汗」をかく方法を集めて見ましたので、試してみてはどうでしょうか? もちろん、たった一日で「良い汗」をかけるようになるのは難しいです!?

どれも簡単だから、日常生活に取り入れて続けるようにしましょう。


エアコンを使い過ぎない

日本は四季のおかげで夏は暑くて冬は寒い。
昔は夏の暑さでシッカリと汗腺トレーニングがされていた。
エアコンにより体温調整に頼ってばかりでは、汗による体温調整が行われなくなり、汗腺の機能が低下する。
家に帰ってきてから入浴するまでは、エアコンをつけない、または設定温度を高くする。など、自然の暑さを利用して汗をかくようにする。


体の中から温めるホットドリンク

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまい、汗腺の働きも悪くなる。
汗をかく準備として、冷たい水よりも常温の水が良く、さらにお湯が良い。
冷たい飲み物を飲む場合は、口の中に含んで冷たさを感じ、少し温くしてから飲むことで身体への影響を減らすことができる。
カフェインなど刺激物が少ない飲み物が良い。


身体を温める食べ物

辛い物も発汗作用があり良いが、臭いを気にする人にはあまりオススメできない。
人参、ゴボウ、生姜、たまねぎなどの根野菜が良い。
鍋は消化もよく、野菜も沢山食べれ、身体を温めるのに最適。
朝食を食べるだけでも、朝から胃や腸を活発に動かせ、体温を上げることができる。


エネルギーを正しく作るクエン酸を取る

クエン酸を摂ることで、エネルギーを作るクエン酸回路が働き出し、タンパク質や脂肪分、ミネラルなどが効率よくエネルギーになるから、老廃物ができにくく汗に含まれる不純物が減る。
クエン酸はレモンやグレープフルーツ、梅干しやお酢などの食品に含まれ、食用グレードのクエン酸自体も売っているので、自分でスポーツドリンクを作れる。


有酸素運動の代表ウオーキング

身体への負担が少なく、長く運動していなかった人でも、自分のレベルに合わせて楽にできる。
1日に30分程度のウオーキングでも十分。
通勤時に歩く時間を増やすだけで良く、汗が気になる人は帰宅時だけと決めるのが良い。


ホットヨガ

普通のヨガやピラティスも良いが、ホットヨガが最も発汗作用が強い。
スタジオでホットヨガを行い、動作、ポーズを覚えてしまえば自宅でヨガとしてトレーニングすることができる。


エアロバイク

外で乗る自転車でも汗をかくことはできるが、安全に負荷をかけるためにはエアロバイクが良い。
ながらバイクができるので、テレビや本を読みながら運動・汗をかくことができる。


自宅で簡単にできる半身浴

少しぬるめのお湯(38度程度)を、浴槽に座った時の、へそぐらい(心臓の位置よりも下)まで張る。
風呂のフタをして顔だけを出すようにすると、浸かってない部分の冷えと、お湯が冷めるのをある程度防げる。
30分ぐらいを目安にし、お湯がぬるくなってきたら差し湯をするのも良い。
入浴前に必ず水を飲むようにする!


交感神経も鍛えることができる手足浴

半身浴ではぬるいお湯に長時間入るが、手足浴では少し熱く感じる温度(42~45度程度)で行う。
【手足浴のやり方】
・浴槽に20cm程度(手足がつかるぐらい)に熱めのお湯をはり、浴室用イスを浴槽の中にいれる。
・イスに座り10分から20分を目安に、足と手だけをお湯の中に入れる。
その後湯船に普通よりも、ぬるめ(38度程度)のお湯を張り、入浴することで汗と一緒に汚れを落とす効果が上がる。


ビックリするぐらい汗がでる岩盤浴

天然石による遠赤外線効果を利用することで、全身から汗をかくことができる。
サウナのように室温を高く保つ必要がないので、身体への負担が少ない。
発汗作用が強く、相性が良い人は初回から滝汗。
まったく汗をかかないという人も、岩盤浴では汗をかけるということが多いので、汗をかきにくい人が、汗を出すきっかけ作りに良い。


汗をかくためのサウナ

負担が少ないのは、スチームサウナよりもミストサウナ。
最初は汗が出にくいから、絶対に無理をしないように!
サウナから上がった後に水風呂に入ることで、汗はひいてしまうが温冷浴となり、冷え性などの改善には良い。
水風呂が苦手な人も、足だけ入れ身体の火照りを取った方がよい。


関連する記事の新着

重曹入浴剤とミョウバン水で今日から簡単ワキガ対策

話題の重曹とミョウバンを使えば臭い対策はバッチリですよ!?なにより天然由来の成分だから安心です!入浴剤としての使い方と制汗スプレーの作り方をご紹介。

ワキガでつきやすいシャツの黄ばみ・服の臭いには重曹と漂白剤で洗濯が◎

気に入ってたシャツに黄ばみが付いたらどうしてます?ワキガの人は特に色とニオイが、服について洗濯してもおちにくくて困っちゃいますよね。重曹漂白剤を作って綺麗に落としましょう!

汗は、体温調節や健康の維持に必要不可欠な身体の働きによって発生します。汗の役目などを紹介していきます。

  • サウナ・岩盤浴は大量に汗が出る

    サウナ・岩盤浴は大量に汗が出る

    発汗作用は非常に高く体への負担も少ない。汗が出にくい人にもおすすめ。

  • 体を冷やし過ぎない

    体を冷やし過ぎない

    エアコンが効いた所にいると体温調整ができなくなり汗腺の機能が低下する。自然の状態で汗をかくのが良い。

  • 体温をあげるものを摂取する

    体温をあげるものを摂取する

    冷たい物は体温をさげ汗腺機能も低下させる。お茶や鍋物、また朝食を食べるだけでも体温をあげる事ができ汗腺機能を活発にできる。

  • 手足浴でサラサラ汗に

    手足浴でサラサラ汗に

    手と足をお湯につける事で交感神経が鍛えられ良い汗がかける。10~20分という短時間で良い。

  • 半身浴で体温を上げ良い汗をかく

    半身浴で体温を上げ良い汗をかく

    座った時にへその高さくらいまでぬるま湯をはり、長い時間をかけて入浴する方法。体温を内面から上昇させ効率良く汗をかける。

  • 短時間の運動で良い汗を出す

    短時間の運動で良い汗を出す

    ウォーキングやエアロバイク、ヨガを行うのは効果あり。継続して行うことでより良い汗をかける。

  • クエン酸で不純物が少ない汗をかける

    クエン酸で不純物が少ない汗をかける

    酸っぱいものに含まれているクエン酸を取る事で、クエン酸回路が活性化され不純物が少ない汗をかく事ができる。

 
 
ランキング 新着記事 Q&A

@mnrchan

わきがで困ったら見るページのTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ